ブログ

2021-04-08 09:17:00
仲人の舘がイベンツ(e-venz)の記事監修しました!

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
仲人の舘がイベンツ(e-venz)で「婚活参加者の年収ってどれくらい?嘘を見抜いてしっかり見極め!」の記事を監修しました。
イベンツ(e-venz)は、全国で開催を予定している街コンや婚活パーティーを紹介しているメディアです。
初心者にもやさしいパーティーから、ちょっぴりマニアックなパーティーまで豊富なジャンルを取り揃えています。
普段の生活では手に入らない刺激的な出会いを、ぜひイベンツ(e-venz)で見つけてください。

イベンツ(e-venz)
https://e-venz.com/

監修した記事
https://e-venz.com/column/5540/

2021-04-05 16:18:00
男性離婚経験者の性格

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚経験者の男性は性格が悪いと言う人がいますが、自分の不倫によってバツイチになったのであれば、性格が悪い可能性があるのかもしれませんね。
不倫が倫理的によくないことは子どもでも知っていますが、それをわかった上でしているわけなので倫理観に問題ありです。
離婚を繰り返す男性は女性関係にだらしない人が多く、男性が不倫するより女性が不倫をしたときのほうが、世間からの批判は大きいからと言っても許されることではありません。
一度不倫をした男性と結婚しても、また不倫するのではと心配になってしまいます。
女性遊びが激しいバツイチ男性は、かなり性格が悪いと言えるでしょう。
バツイチになっても落ち着くことができず、女性を漁りまくって遊ぼうと思っているので、少なくとも性格がいいとは言えません。

普段から自分勝手でわがままな発言が多い離婚経験者も性格が悪い可能性が高いです。
わがままばかり言う男性は自己中心的で、周りがわがままと感じるほどの発言を繰り返すのは、優しい性格では絶対ありません。
いい大人がわがまま発言が多いのはみっともなく、わがままな男性と付き合っても長続きしないと、女性側からはそう思ってしまいます。

バツイチ男性の中には自分が苦労してきたことばかりを話す人がいますが、こうした人も性格が悪いと言えます。
苦労してきたことが事実としても、その男性は自分の不幸に酔っているだけです。
自分がかわいそうだと周りにアピールすることで、周りから同情を買いたいと思っているのです。

2021-04-04 10:09:00
再婚パーティー

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
バツイチで婚活パーティーに行ってみたいと考えたことがある人も多いでしょうが、やはり敷居が高いと感じてしまいます。
それは婚活パーティーと言うと、婚姻歴のない人や若い独身の人向けのイメージが強いからです。
バツイチが婚活パーティーに参加しても浮いてしまうのではないかと思い、参加するのを迷ってしまうのです。
しかしそれは非常にもったいない話で、最近では再婚者向けの婚活パーティーも増えています。
再婚パーティーなら、バツイチであることがネックで誰からも声がかからないのではと心配する人でも安心です。

今や3組に1組は離婚するといわれている時代なので、一度離婚を経験したとしても同じように再婚へ向けて婚活している人はたくさんいます。
実際にバツありであることを気にしない人も大勢いて、結婚経験があるからこその魅力や良さを知っている人も少なくありません。
中には積極的にバツイチと出会いたいと考えている人もいるくらいで、最近では婚活の手段もバラエティー豊富です。
再婚パーティーのほとんどは、婚姻歴に関係なく真剣にパートナーを探している人もしくは、婚姻歴はなくてもバツイチに理解ある人が参加条件になっています。
バツイチであることや子持ちであることに負い目を感じることなく、ありのままの自分をさらけ出せるので、気軽に再婚パーティーに参加してみましょう。

2021-03-26 08:34:00
再婚のためのブログ

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
再婚自体のハードルは、昔とは比べ物にならないほど下がっているでしょう。
3組の夫婦があれば1組は離婚する時代ですから、片方か、あるいは両方共に離婚歴があっても不思議はありません。
あとは当人たちの問題といったところですが、すべてのケースがそう円満に進むとは限らないようです。
たとえば、今回注目したいのは子連れのケースです。
とくにハードルが高いため、最初から諦めてしまう人もいるようですが、状況を知るにはまさにブログが活躍するときでしょう。

ブログと一口に言っても、再婚を目指すのであればその傾向は大きく二つにわけられます。
そこに至るまでの過程、出会いや決断のタイミングなどの話とその後、実際に生活してみてどうかという話です。
前者に関しては、同じ子持ちの立場でも状況は人によりけりで、相当な多様性を持っています。
後者は、こちらも多様性の観点から言えば同じなのですが、たとえば1年後や2年後だけでなく、もっと長期的な生活について垣間見ることができます。

再婚してすぐのころは、慣れないながらもそれぞれが頑張ろうとする意思が垣間見えるでしょう。
それが何年か経てば互いに慣れ、少しずつ素が出るようになってきます。
家族としては正しい姿と言えるかもしれませんが、その変化をすべて正面から受け止められるかはまた別問題です。
いざ直面して当惑する前に、ブログで事例を知っておくという行為には大きな意味があるでしょう。

2021-03-25 09:49:00
再婚期間

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚した後、再婚するのは自由ですが、女性側は特別な場合を除き、離婚してから100日間は再婚ができません。
こうした制限があるのは、生まれてくる子どもの父親を特定させる必要があるからです。

再婚禁止期間はこれまでは6ヶ月だったのですが、民法改正により100日間に短縮されました。
新しい規定は平成28年6月1日付に公布されていて、短縮理由は6ヶ月の再婚禁止期間は長すぎ、女性の再婚の自由を不当に制約するものであるとされたことにあります。
女性の再婚禁止期間の不当に長すぎる期間は、女性の再婚の自由を制限するものとし、憲法に定める人権保護に反しているという判断となったのです。

しかしいずれにせよ、女性は離婚してから100日間経過しないと、再婚することができません。
民法では、結婚してから200日以降、離婚してから300日以内に妻が産んだ子は、夫の子であると定めています。
離婚後すぐに再婚すると、これらの定めた期間が重なってしまう不都合が生じてしまうという理由からです。
ただし、前の結婚の際に妻が妊娠していた場合、出産後は離婚から100日間経過していなくても再婚することができます。
また離婚時に医師から妊娠していないことが証明された場合でも、離婚から100日を待つことなく再婚することが可能です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...