ブログ

2021-09-27 08:19:00
再婚相手が初婚だったとき

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
現代の日本は3組に1組の夫婦が離婚しており、まったく同数というわけではありませんが、再婚も多くなってきています。
近い将来には、初婚同士の結婚よりも、どちらかに離婚歴がある、または両方というケースのほうが多くなるかもしれませんね。
法律改正など確実にハードルが下がっている一方、まだまだ上の世代からすると不安に思う点も少なくないようです。

自分は再婚だけど相手が初婚、という場合には少し気を遣いたいですね。
結婚に関するより多くの情報を獲得していることを最大限に活かし、サポートしてあげましょう。
とりわけ相手が女性だった場合は、とくに丁寧な対応が必要です。
離婚歴があると結婚式に否定的な家もありますが、そういうケースでは挙げる方向で調整されることが多いでしょう。
ウェディングドレスは、やはり女性にとって特別なものですからね。

ただ、自分が初婚でも相手が再婚という立場になると、気を遣ってしまうこともあるでしょう。
結婚式は参加者、つまり親族に少なからず負担を強いるものですからね。
ドレスは着たいけど予算は抑えたい、そんなワガママに応えるプランが近頃では用意されているので候補にするのも良いでしょう。
離婚件数が増えているからこそニーズが高まるという、なんとも皮肉な話です。

2021-09-10 14:44:00
バツイチを打ち明けるタイミング

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚した後に好きな人ができたとき、バツイチをいつ打ち明ければいいのか悩む人もきっと多いことでしょう。
友人や知人などから紹介してもらう場合でバツイチを打ち明けるときは、会う前にバツイチである情報を入れてもらうのがオススメです。
マッチングアプリなどで活動している人は、プロフィールに記載しておくと良く、そうすればバツイチも恋愛対象OKの人に効率よく出会うことができます。

バツイチを打ち明けるタイミングは、初めての顔合わせの日に言うのも悪くありません。
今やネット全盛の時代ですが、大切な話は直接顔を合わせてしたほうがいいです。
SNSは相手の表情などが見えない部分も多いので、直接顔を合わせて伝えれば、誠実さが相手に伝わるはずです。

今後も付き合い続けるかどうかの判定は3回目のデートでする人が多いので、このタイミングでバツイチを告白するのもありです。
真剣交際も視野に入れているというアピールも兼ねることができ、相手もまだ告白されたわけではないので、考える時間を与えるメリットがあります。

バツイチを打ち明けるのは勇気のいることですが、好きな人にはきちんと伝えるべきです。
一番良いのはやはり交際を始める前に打ち明けるべきで、それ以降になると相手に騙されたとか、不信感を抱かせるマイナス要素が働く可能性が高いです。
真剣交際に発展する前に伝えておけば、後々のトラブルを未然に防ぐことに繋がるでしょう。

2021-09-05 09:19:00
バツイチで年の差彼氏

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
自分がバツイチで年の差のある彼氏と付き合う場合、とくに年下の彼氏だと浮気が心配なので、いろいろと大変ですよね。
バツイチ子持ちの状況で、付き合う相手が年下の彼氏だと、付き合うだけでも嬉しくなってしまいます。
しかし一方で周りにはたくさんの若くて綺麗な女性がいるのに、なぜ自分と付き合ってくれるのか、毎日が不安になります。
いくら周りから、彼が一緒にいるのだから心配ないと言われても、若い子には負けると思うと、心配になってしまうのは当然ですよね。

年下男性は女性を支配したい欲求がほとんどないので、年上女性は素直になれると言います。
年齢差があれば相手に思いやりを持てるというメリットもあるので、むしろ年齢差を逆手にとり、よりお互いへの思いを深くできる可能性もあるのです。

バツイチで年の差彼氏と付き合う場合、何よりあまり結婚をせがまないことが大切です。
年下彼氏の場合、必ずしも結婚してくれるとは言えず、まだ結婚生活に夢を抱いている女性の焦りが見えると、フラれる可能性が高くなります。
年下彼氏と付き合えてすぐに結婚したいと思っても、自分のペースだけで結婚ができるわけではないので、彼氏のペースに合わせてあげるようにしましょう。
年下彼氏は1人で行動したいことも多いので、必要以上にベタベタせず、適度に放置することも大事です。

2021-09-03 18:21:00
離婚経験者のアンケート

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚経験者のアンケートを見ると、離婚の原因には浮気や性格の不一致をあげている人が多いです。
相手の不快な行動や態度、しぐさに抵抗を感じている人が多く、離婚で大変だったことについては、子供やお金という意見が多数を占めています。
子供がいる状況で離婚しようとする場合、子供の将来を一番に考えて結論を出そうとしているからでしょう。

アンケート調査で一番多かったのが性格の不一致で、次いで経済的理由、夫の不貞行為と続きます。
浮気や借金、暴力など片方に明らかな落ち度があるケースでなくても、離婚経験者の半数以上が価値観が合わないとか、愛情が冷めたことを理由に別れを選択しているようですね。
特徴的なのがDVなどの暴力行為よりも精神的な暴力やストレスが上回っているところで、これは精神的暴力のほうが自覚しにくく、ハードルが低いことを示しています。

離婚を考えはじめて離婚届を提出するまでにかかった期間は、3年以上が一番多く、次いで半年から1年以内、そして1年から3年以内となっています。
アンケートで離婚した女性の相談相手で、もっとも多かったのは自分の家族で、次に多かったのが離婚経験のない友人や知人です。
このことから、実際に離婚を経験しているかどうかより、人としての信頼度を重視していることが伺えます。

2021-09-02 08:11:00
再婚と40代

しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
離婚経験を持つ人が増えた今の時代、40代でもう一度結婚のチャンスをつかんで幸せを手に入れたいと望む人は多いでしょう。
実際に統計を見ても、40代で再婚している人が増えているのは事実で、離婚するアラフォー世代が増えたことや、離婚者への偏見が少なくなったことが影響しています。
最近は70代になっても結婚している人がいるので、40代で再婚する人が少なくないのはもっともな話かもしれませんね。

離婚経験のある40代女性は自立している人も多いので、草食系男子の目には魅力的な存在として映ったりします。
そうしたことから40代の再婚は決して難しいものではなく、離婚経験のある人は辛い経験を通して、さまざまなことを学んだ機会を持っている人とも捉えることができます。
過去の失敗から多くを学んでいるので、幸せな結婚生活を送るためのノウハウを身につけているのです。
離婚経歴はマイナスポイントばかりではなく、40代で再婚する人は結婚生活がどういうものなのかを既に知っているので、気持ちや行動に余裕がでてきます。
前の結婚が破局に終わってしまったことで、人生の伴侶がどれだけ重要な意味を持つ存在であるのかを身に染みてわかっています。

40代を迎えた大人同士は、お互いの立場を尊重し合えるので、家事や子育ての分担などもスムーズに運びやすいです。
人生の経験を積んだ40代で再婚をすることは、メリットの一つと考えても良いでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...